KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

TAOC オーディラック新製品

2014/12/4

 

早いものでもう師走。

 

 

このところ急激に寒くなりましたが、

 

寒さに負けず、あと1ヶ月頑張ろうと思います。

 

 

さて、12月1日の話ですが、

 

TAOCの新製品のラックが年末に発売されるということで、

 

そのラックをメーカーさんが持ち込まれ、

 

じっくりと拝見させていただきました。

 

 

まず、外観ですが、今回は棚板の角が丸くなく、

 

ウォームと言うより、どちらかというとクールなデザインに見えました。

 

 

横1連モデルのみで、

 

縦は1段から4段まであります。

 

 

角がとがっているため

 

2台組み合わせて横に並べても、

 

まるで1台であるかのように設置が可能との事。

 

 

また各棚板が、ベース部とその上にスパイクを置いて載せる棚板の

 

2重構造となっており、見た目的にも非常に安定感・重量感があります。

 

 

もちろん、今までの鋳鉄やハニカムコアといった

 

整振・制振技術も取り入れられており、

 

外観も内容も完全にフラッグシップです。

 

 

棚板の寸法は幅62cm、奥行50cmという、

 

メーカーさんから言うとこのサイズが「黄金比」だそうで、

 

歩留まりの悪い、コスト度外視の

 

性能重視のサイズとなっております。

 

 

カラーは明るい「ライト」と

EPSON MFP image

暗めの「ダーク」の2種類で、

EPSON MFP image

支柱はどちらもブラックになる予定です。

 

 

ちなみに価格は以下のとおり。

 

1段タイプ CSR-1S-L/D ¥160,000(税別)

 

2段タイプ CSR-2S-L/D ¥260,000(税別)

 

3段タイプ CSR-3S-L/D ¥360,000(税別)

 

4段タイプ CSR-4S-L/D ¥460,000(税別)

 

 

年末の発売予定です。

 

 

発売後、展示する予定ですので、

 

ご興味のある方は、発売後に是非ご覧ください!

 

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric