KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

アキュフェーズC-3850の配達

2015/9/28

 

つい先日、当店常連さん宅に

 

アキュフェーズのプリアンプC-3850と

 

フォノイコライザーアンプC-37の納品に

 

オーナーと行ってきました!

 

 

前作C-3800や今回のこのプリアンプを持つたびに思うのですが、

 

「プリなのにパワーアンプみたいに重いっ」ス!

2015.9.28_1 2015.9.28_2

 

今回はプリアンプC-290Vと、

 

アナログディスクボードAD-290Vからの変更。

 

 

まだそんなに以前の商品ではないと思っていたC-290Vも

 

発売からすでに17年。

 

 

それだけ経っても外観的にも「現役」で十分通用します。

2015.9.28_3

 

可変式ボリューム最後のフラッグシップモデルで、

 

内容的に未だに人気も健在です!

 

 

そんなC-290Vとお別れし、今回は最新鋭のフラッグシッププリ。

 

 

設置・接続を終えてまずは一聴・・・。

 

・・・ ・・・ ・・・ ・・・。

 

 

時代は変わるもんだなぁと

 

しみじみと感心されておりました。

 

 

先日、電源トランスをPS-1200VからPS-1220に新調され、

 

その変更がパワーアンプM-6200や今回のC-3850導入の

 

大きな決め手になっていたようです。

 

 

電源トランスを変更したらCDトランスポートDP-900の

 

トレイの開閉も静かにスムーズになったように感じるとのことで、

 

電源が非常に重要な存在だと強くおっしゃられておりました。

 

 

しかしお客様宅、

 

すっかりアキュフェーズの展示ブースと言っても過言ではない、

 

そんな商品の組み合わせになっておりました。

2015.9.28_4

 

これだけの機器を使用して、

 

JBLエベレストであまり大きめでない音量で音楽を楽しむ、

 

この上ない至福の時間というか贅沢のように感じました!

 

 

アンプにパワーがあるため、

 

音量を上げてパワーを出す必要が無くなったと。

 

 

お買い上げありがとうございました!!

 

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric