KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

エソテリックC-02X&S-02

2015/6/12

 

エソテリックから今春発売された、

 

プリアンプのC-02XとパワーアンプS-02。

 

 

本日、メーカーさんに説明をしていただきました。

2015.6.12_1 2015.6.12_2

 

どちらのアンプにも言えることですが、

 

とにかく回路の「低インピーダンス化」にこだわってますね。

 

 

低インピーダンス化によって、

 

回路に大きな電流を流す事ができ、

 

ハイスピードで正確な信号のやり取りが可能になります。

 

 

パワーアンプでは、ダンピングファクター1,000という

 

脅威のスピーカー制動能力を実現し、

 

小音量でも低域感を損なうことなく、

 

すばらしく正確に再生しておりました。

 

 

他にも、

 

エソテリック最上位機種のGrandioso C1で採用された

 

ボールベアリング式ボリュームノブや、

 

伝統の左右独立デュアルモノ構成など、

 

従来からの技術も継承。

 

 

おもなスペックは以下のとおり。

 

ステレオプリアンプ C-02X

定価¥1,512,000

2015.6.12_3

入力:RCA×3系統、XLR×2系統

出力:RCA×2系統、XLR×2系統

全高調波歪率:RCA 0.0006%、XLR 0.0004%

SN比:116dB

 

ステレオパワーアンプ S-02

定価¥1,512,000

2015.6.12_4

定格出力:145W+145W(8Ω)、290W+290W(4Ω)、580W+580W(2Ω)

SN比:115dB

全高調波歪率:0.003%

ダンピングファクター:1,000

 

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric