KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

アキュフェーズC-3850説明していただきました。

2015/5/11

 

本日、アキュフェーズよりセールスさんとエンジニアさんが、

 

C-3850の説明のためにご来店されました。

 

 

前作C-3800と外観は非常に良く似ていて、

 

寸法は全く一緒。

 

 

ただ、重量は前作より200g重くなったとのこと。

 

 

重くなった原因は、ヨーロッパの省エネ規格、

 

「無入力後2時間で電源オフ!」に

 

対応させたためだとか。

 

 

でもお話を聞いていると、

 

外観は一緒でも内部はフルモデルチェンジということですので、

 

省エネ規格以外にも様々な理由で重量が変わっているみたいです。

 

 

ちなみにC-3800からの主な変更点は、

 

●より見やすくなったボリュームレベル表示!

↓C-3800の表示

2015.5.11_1

↓C-3850の表示、位置も下がった。

2015.5.11_2

●ボリュームのフローティング化

●新設計ブロックコンデンサ・トロイダルトランス

●ローノイズ化

・VI変換アンプを2パラレル→4パラレルに

・IV変換アンプにリニアテクノロジー社製超高性能オペアンプを使用

・IV変換抵抗のローインピーダンス化

・マザーボードのトランス下にある配線やリレー回路の移動

●ヘッドホンアンプの回路構成を一新し高域歪みを改善

 

 

これらの変更でS/Nが113dB→115dBに!

 

 

C-3800に比べて低域の押し出し感が出て

 

高域の透明度もさらに増し、

 

何と言うか全体的なバランスが整ったいうか、

 

空気がやや澄んだというか、

 

そんな感じがします。

 

 

↓入力からAAVAボリュームまでの多くの基盤たち

2015.5.11_3 2015.5.11_4 2015.5.11_5

 

↓ヘッドホンアンプとバランス出力回路

2015.5.11_6

 

↓ブロックコンデンサを手に取り眺める私

2015.5.11_7

 

6月に生産される初期ロット分はすでに完売で、

 

これからのご予約分は8月以降になるそうです。

 

 

ご注文はお早めにどうぞっ!

 

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric