KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

プロジェクターの不具合検証

2015/4/10

 

本日、いつも試聴会でお世話になっている

 

JVCの徳永さんが営業の挨拶でご来店。

 

 

当店2階のホームシアタールームと、

 

比較試聴ルームのプロジェクターで、

 

わからない事やトラブルがあったため、

 

ちょうど良かったと質問攻め。

 

 

まずは、比較視聴ルーム。

 

 

文字通り、複数台のプロジェクターを比較視聴するので、

 

同じ素材を同時に出さないといけないため、

 

HDMIスプリッターを使用して同条件にて接続。

 

 

ところが、BDプレーヤーの出力設定を「オート」にすると

 

映像が出なくなるプロジェクターがあり、

 

出力設定を「1080P」に固定すると全て出る。

 

 

まぁ、これだけはっきりとした症状なので

 

何となくは理解できますが、

 

せっかくなのでちゃんとした原因を確認。

 

 

わかりやすく解説してくれました!

 

 

BDPが受け手(プロジェクター)に質問

「あなた、4K信号受けれる?」

 

プロジェクター(4K信号対応機種)

「大丈夫ですよ~!」

 

BDP

「了解!4Kで出力します!」

 

ところが、他のプロジェクターは4K信号に

 

対応していなかったため、映像出ず・・・。

 

 

↑実はもっと細かな事がいろいろありましたが、

 

端的に言うとこんな感じ。

 

 

HDMI接続ではこんな「やりとり」があるため、

 

ときにトラブルが起こってしまう事も。

 

 

そして次にホームシアタールーム。

 

 

HDMI接続でアンプを経由させると、

 

映像が乱れたり出なくなったりという症状。

 

 

これは、操作による解決策はなく、

 

プロジェクターのファームウェアアップデートで解決!

2015.4.10_1

 

↓旧バージョンの「ソフトVer. r1210.3」

2015.4.10_2

↓アップデート後、新バージョンの「ソフトVer. r1211.6」

2015.4.10_3

 

いろいろと接続、設定のノウハウなども聞くことができ、

 

大変勉強になりました!

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric