KLOSS AUDIO

KLOSS AUDIO BLOG「音故知新」

パイオニアの新製品発表会つづき

2014/9/12

昨日、更新できなかった画像を掲載します。
(説明もついでに)

研修はパイのニア本社のシアタールームにて

執り行われました。
パイ研修_1.JPG 
↑天井スピーカーは、

フロントスピーカーのツィーターの縦方向の位置で、

真下に向け、片側につき1本か2本。

この部屋では3本の天井スピーカーが

設置されていた。

それぞれの呼び方が、前から

TFw(トップフォワード)

TMd(トップミドル)

TBw(トップバックワード)。

2本使用する場合はTFwとTBwを、

1本使用する場合はTMdを使用。

一般家庭では3本つける必要はありません。

そして、次の画像は、

上11月下旬発売予定のBDP-LX88(税別定価¥278,000)と

下10月下旬発売予定のBDP-LX58(税別定価¥98,000)。
パイ研修_2.JPG 
↑これはBDP-LX88の内部画像。

プリメインアンプA-70と同じように、

内部構造をセパレート化、

電源トランス、デジタル系、アナログ系を分離。

黒いカバーが多くありますが、

これはウレタン系の塗料を塗ってあり、

制振効果があるとの事。

ドライブのトレイにも採用している。

プレーヤーにはさらに「Zero Signal」という端子があり、

アンプなどと接続する際にその機器感に

電位差が生じてしまうため、

その電位差をなくすための端子が搭載された。

アンプの余っている端子と接続、

ケーブルはBD←→アンプ間のHDMIケーブルと

同クオリティのものを使用したい。

制御用のプログラムも今回は自社製作らしいので、

新しいソフトが再生できないといった問題にも、

迅速に対応したいとのことです。

そして、

↓新幹線の中で遅めの昼ごはん。
パイ研修_3.JPG 
品川駅の「おにぎり処こんがりや」というお店にて。

はい。煮玉子につられました・・・。

たまご大好き金子です。

BLOG TOPへ戻る

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric