KLOSS AUDIO

Event Information イベント情報

「Tri、Spendor、Zonotone」試聴会のお知らせ

●日時:2008年11月16日(日)PM2:00~PM4:00
●場所:クロスオーディオAVトレードセンター2Fリスニングルーム
 静岡県磐田市西貝塚3027
●試聴会担当者:片山 朗
●講師:第一部 「トライオード製品の魅力に迫る」  山崎 順一 氏
     第二部 「ゾノトーン製品の開発秘話」     前園 俊彦 氏

2008年11月はトライオード・スペンドール・ゾノトーン試聴会です。トライの真空管アンプに英国スペンドールのスピーカーを組み合わせ、ケーブルには話題沸騰中のゾノトーンケーブルを使用します。講師にはトライオード代表取締役の山崎氏、ゾノトーンケーブル開発の前園サウンドラボ前園氏をお迎えし、二部構成にて執り行います。それぞれの製品の製作者による講演という貴重な試聴会となります。たくさんのお客様のご来店をお待ちしております。

【使用機器】
●KT88プリメイン       Tri     TRV-88SE
●300Bプリメイン       Tri     TRV-A300SE
●845プリメイン(試作機)  Tri     TRV-845SE
●フォノイコライザー      Tri     TRV-EQ3SE
●プリアンプ           Tri     TRV-4SE Limited
●真空管CDプレーヤー    Tri     TRV-CD4SE
●スピーカー          Spendor  SP100R
●ケーブル           Zonotone製ケーブル
●カートリッジ         Ortofon  SPU Synergy

■2008年11月の試聴会の成果

今回の試聴会は25名ほどの方にご参加いただきましたが、今回も非常に充実した試聴会とりました。トライオード 山崎順一氏、前園サウンドラボ前園俊彦氏、両氏のお話はとても深いものがあり、終了時間を20分ほど延長しましたが、席を立たれる方はお一人もおられませんでした。試聴会の中で、ゾノトーンケーブルは希少な8N銅を使用したケーブルが多くあり、材料に限界があるため多くは作れず、そのため大切に使っていただける方に買っていただきたいという前園氏のお話がありました。店頭にて説明する際には前園氏の考えも説明しようと思いました。ご参加された皆さま、山崎順一様、前園俊彦様、長時間本当にお疲れさまでした。

Information 新着情報

Googlemap バーチャルツアー
ホームシアター施工事例
買取専用フォーム
Facebook – KLOSS AUDIO
Accuphase – KLOSS AUDIO
FAL – KLOSS AUDIO
LUXMAN
Esoteric